Tシャツの便利な着用方法、素材によっても変わる便利な着用の仕方

Tシャツはそれぞれに特性があり、それによって着用方法に幅が広がります。そんなTシャツの素材、編み方、着用方法のご紹介、そしてそれぞれ適した着用方法の幅広さを交えてコーディネート例などもご紹介いたします。

素材から選べる、オリジナルTシャツを作ってみよう!

オリジナルTシャツ

幅広い場面でおしゃれに使えるTシャツ!

Tシャツはそれそのものは単純な縫製となっていますが、それゆえに素材による持ち味が活かされてきます。
そんなTシャツ、素材によって全く着用感が異なるのでそれによって着用方法も好みによって変更できる、そんな利点もあります。
よくある素材が綿、これは一番汎用性が高くなっており、それ故にコーディネートの幅もかなり広いものとなっています。
まず綿のTシャツの特徴が、やはり着心地です。着心地がもっともいいので敏感肌の方にも優しく、肌が弱い赤ちゃんや幼児も安心して着られる素材となっています。
この着心地はやはり吸汗性にも関係しているのでしっかり汗を吸ってくれるため蒸れることも少なく、とても肌に優しい、そんな素材となっています。
そのためこの綿のTシャツ、そのまま着用は勿論ですがインナーとしてもものによっては着用しやすくなっており、生地の薄さを選ぶことにより肌着などとしても利用し易くなっています。
インナーとして着用する場合やはり着心地や吸汗性はとても大切なもので、汗をしっかり吸ってくれる、着用していて快適な生地が重宝される傾向にあります。
中には化学繊維を利用した肌着もありますが、インナーとして開発されていない場合、肌着として利用されやすいのは綿の素材のTシャツである場合が多いです。
またこうした綿素材のTシャツは安価なものが多く種類も多いのでサイズも豊富、そして色柄も豊富となっているのが特徴です。
肌着という意味だけではなく、ファッションのコーディネートで使用するインナーとしても上に着るものを邪魔せず、しっかり引き立ててくれる効果のあるTシャツは、綿素材のものは特に色柄も豊富、沢山の種類を購入しておいてその日のファッションによって着用するTシャツを選んでいただく、そんな使い方もできるのでとても便利です。
量販店でも沢山のTシャツが並んでいますが、インナーのようにオーバーサイズのものを着用したりなど、コーディネートによってTシャツの映え方は変わります。
素材によって、厚さによってストレスフリーのファッションが楽しめるのがTシャツとなっているので誰でも必ず一枚は持っている、ラフなファッションを楽しむそんなアイテムとなっています。
また、洗濯を繰り返すにあたり色褪せなどが気になる場合もありますが、そうして色褪せたTシャツもその着用感の良さからまだ着られるようなら部屋着などとしても活用できるのが利点です。
ラフなファッションとしての機能性が抜群となっているアイテムではありますが、Tシャツ一枚でもオシャレなアイテムとして活用することも勿論可能。
少し形状が特殊なTシャツや、またほかにも総柄プリントのTシャツなど、それ一枚でコーディネートができる、そんなTシャツも多いです。
特に女性はワンピースのような着用もしやすいので、オーバーサイズのものを利用し、コーディネートを楽しむ、そんな方が多いです。
着用方法は無限大で、アレンジも重ね着にも向いているTシャツは、ラフな服装の時にもオシャレにも向いているアイテムです。

オリジナルTシャツは様々な素材から選べる!

Tシャツはさまざまなプリントや生地もありますが、同時に織り方の違いもあります。
この織り方の種類も豊富で紹介しきれないほどの種類があります。
この中でもメジャーなもの、そしてその性質についてご紹介いたします。
まずは平織、縦糸と横糸一本ずつ織っていく方法で、通気性の高さから夏服に使われていることが多いです。
この平織りはとても摩擦に強いので薄手の生地に使われており、頑丈さもメリットとなる織り方です。
次に綾織、糸の交差部分が斜めになるのが特徴的な織り方でTシャツだけでなくデニムなどもこの綾織となります。
伸縮性を維持したままシワにもなりにくい織り方で、光沢がでるのが特徴です。
鹿の子という重ね編みと表編みの二種類を用いた編み方の生地、ハニカムメッシュという蜂の巣のようなメッシュを作る織り方、冬場に重宝する裏起毛なども織り方の一種であり、こうした織り方を駆使して通気性、保温性などを確保しています。
これに素材の特徴も合わさって生地が出来上がり、それで作られたTシャツが販売されています。
こうした織り方、素材で変わるTシャツ、季節によって異なるものを着用し、快適に過ごせるよう沢山の種類のTシャツが販売されています。
夏は通気性の高いTシャツを、そして冬場は保温性の高い、裏起毛で保温性を高くした素材の衣類を利用できます。
Tシャツは基本的に薄手のものが多いので夏場に着用する事が多いイメージですが、秋春用のインナーとしても利用しやすいです。
編み方や素材の多さ分、Tシャツの種類があります、その中から今欲しい着用感のものを選んで着られるほどにTシャツの種類は豊富です。
綿のほうが色が染まりやすい性質があり、カラーバリエーションが豊富でしたが近年ポリエステル生地も品質や技術があがっているので、綿と同じように豊富なカラーバリエーションの用意があります。

小ロットから注文できるオリジナルTシャツ!

市販品でも沢山の種類が出回っているTシャツですが、勿論個人での制作も可能です。
普通に無地のTシャツを購入し、アイロンプリントや布用の絵の具でペイントなどもできますが、いまオリジナルTシャツ製作専門の業者も増えています。
法人向けの意識が強いこれらオリジナルTシャツの製作ですが、個人での制作も行いやすいように小ロットからの製作も承っており10枚から発注を可能としている業者もあるほどです。
またTシャツのようにもともとの単価が低いものに印刷を行うので、一枚当たりの値段もそこまで高騰することもなく、安心して小ロットでの発注をしていただけるようになっています。
勿論100枚以上の注文も可能なので、学校単位での沢山の人数分の専用Tシャツ作りもできるようになっており、チームユニフォームの製作からイベントTシャツの製作まで幅広く発注していただけるようになっています。
またオリジナルTシャツということでオリジナルデザイン、ロゴは勿論ですが最新の技術、機械を導入しているところではより高発色のプリントを施せるので繊細なイラストのプリントも可能となっています。
もちろんTシャツそのものの素材も選択可能で、多くの業者が綿素材以外にも着用感の説明と共に混合素材のTシャツなどを用意しています。
オリジナルTシャツ製作を行っているプリズマでは沢山の種類のTシャツを用意しており、サイズも大人用は勿論赤ちゃんが着れるサイズのものも用意があります。そのため地域のイベントのように老若男女問わず楽しめるようなところで着用するためのTシャツも発注可能、枚数も10枚から発注可能となっており、もちろん大ロットになれば単価がもっとお安くなっていきます。
また無地だけではなくボーダーやラグランTシャツへのプリントも可能、更におしゃれなオリジナルTシャツを製作できるのでおすすめです。
また素材や形状も幅広いので、女性に嬉しいTシャツワンピースやドルマンTシャツなどもあるためお好みの形でオリジナルTシャツが製作できます。
プリズマではよりファッション性を重視したオリジナルTシャツの製作を行えるようになっています。